第3回 全日本マスターズけん玉道選手権大会 結果

左から、丸石・三石・戸張・大谷
左から、丸石・三石・戸張・大谷

1月30日(土)東京・板橋グリーンカレッジホールで行われた「第3回全日本マスターズけん玉道選手権大会」は、40歳代から81歳まで29名の選手で行われました。

予選を通過(1位~8位)した三石利明五段、大谷幸司四段、山木弘行八段、大代孝浩四段、戸張静夫十段、丸石照機九段、見城勉さん、中西健五段の8名で トーナメント戦を行ない、白熱した試合の結果、三石利明五段がきれいなけん玉さばきで初優勝。昨年優勝の丸石照機九段が準優勝、最年長の戸張静雄十段が三位、2回連続三位だった大谷幸司四段が敢闘賞でした。

成績 氏名 段位
優勝 三石 利明 五段
準優勝 丸石 照機 九段
第3位 戸張 静夫 十段
第4位 大谷 幸司 四段

山木選手は昨年同様、予選、決勝トーナメント1回戦ともに満点でしたが、元日本チャンピオンによる競技ハンデのため、次へ進むことができませんでした。