JKAワールドオープンけん玉フェスタ2017 スケジュールのご案内

JKA ワールドオープンけん玉フェスタ 2017 スケジュール

開催日 平成 29 年 7 月 15 日(土)

会場  東京都台東区・台東リバーサイドスポーツセンター

 

4F 第一競技場

◆開会式 10:00~10:30

◆世界けん玉道選手権大会~藤原一生杯~

受付   9:00~10:00 ※事前申込制

予選  10:30~12:30(1 回戦~ベスト8選出)

決勝  16:30~17:45(準々決勝~決勝)

◆けん玉フリースタイル

受付   9:00~11:00 ※事前申込制

集合 14:15~14:30

競技  14:30~16:30

◆小学生けん玉大会

受付   9:00~10:00

大会  10:30~12:00

◆クラス別チャレンジ

受付  11:30~12:30

集合  12:45~13:00

大会  13:00~14:30

◆シニア披露 12:30~13:00

◆技披露     17:45~18:00

◆けん玉教室・体験コーナー  10:30~12:00/13:00~17:00

◆ミニけん玉ペインティング   10:30~12:00/13:00~17:00

◆けん玉アプリ紹介コーナー   10:30~12:00/13:00~17:00

 

3F 会議室

◆級・段位・SLC認定会  10:30~12:00/13:00~17:00

 

JKAワールドオープンけん玉フェスタ2017スケジュール表

 

※競技の進行によっては、時間が前後する可能性がございます

JKAワールドオープンけん玉フェスタ2017のご案内(追加と訂正)

けん玉通信、ホームページにてご案内しております競技要項の中の競技方法の追加とフリースタイルでの使用けん玉の訂正がありますのでご案内いたします。

 

≪競技方法≫

小学生けん玉大会

1.予選

(1)「初心者」「有段者」「名人」に分かれ行う。

(2)各部門の技を①から順番に行う。

(3)1選技2回チャレンジでき、1回でも成功すれば次の選技を挑戦できる。

(4)各部門6名が決勝進出者となる。

※10選技まで終了した時点で、6名以上の場合は次の部門技で行う、名人部門は①選技に戻る。それでも決まらない時は、こちらで指定した技(選技以外の技の場合もあります)を行う場合があります。

2.決勝

・予選の(1)~(3)までと同じ方法で行い、優勝、準優勝、3位を確定させる。

※10選技まで終了し、同時に失敗または成功して順位が決定しない場合は、次の部門技で行う、名人部門は①選技に戻る。それでも決まらない場合は、こちらで指定した(選技以外の場合もあります)技を行う場合もあります。

クラス別チャレンジ

(1)「初心者」「有段者」「名人」に分かれて行う。

(2)各部門の技を①から順番に行う。

(3)1選技2回チャレンジでき、1回成功すれば次の選技に挑戦できる。

(4)各部門で⑩まで成功した選手全員に、賞品を贈呈。

 

≪選技≫(変更等はありません)

「初心者」

①大皿 ②小皿 ③中皿 ④ろうそく ⑤大皿~中皿 ⑥中皿~大皿 ⑦とめけん(まわし可) ⑧手のせ大皿~けん

⑨大皿~野球けん大皿 ⑩飛行機

「有段者」

①とめけん ②飛行機 ③ふりけん ④日本一周 ⑤世界一周  ⑥手のせうぐいす~けん ⑦空中ブランコ ⑧はやて中皿

⑨ヨーロッパ一周 ⑩さか落とし

「名人」

①世界一周 ②うずしお空中ブランコ ③玉つきさし ④つるしとめけん ⑤はねけん ⑥一回転飛行機 ⑦一回転灯台~さか落とし  ⑧前ふりうぐいす~けん ⑨宇宙一周~地球まわし ⑩二回転灯台

 

けん玉フリースタイルの使用けん玉について訂正いたします。

【誤】 けん玉1本使用(糸つき)、メーカー、サイズは問わない。

【正】 けん玉を使用。糸つき、糸なし、メーカー、サイズ、使用個数(複数使用可)は問わない。

<文部タイム競技>のルール変更について

<文部タイム競技>のルール変更について

 

『④ うぐいす~けん』を下記の内容に変更いたします。

正式適用は、8月27日開催の第29回全日本少年少女けん玉道選手権大会からとなります。地区大会については変更前のルールでも運用可能です。

 

―変更前―

「うぐいす」は静止の必要はないが、玉の穴の縁が正しく大皿の縁(又は小皿の縁)に接したあとで、玉の穴にけん先をいれること。

 

―変更後―

「うぐいす」は、体の静止の必要はないが、玉の穴の縁が正しく大皿の縁(又は小皿の縁)に接し一瞬静止したあとで、玉の穴にけん先を入れること。

 

 

GWのイベントのご案内

GW中のイベントのご案内

各所にて、達人のパフォーマンスやワークショップを行います。詳細は各会場へ直接お問い合わせください。

 

【関西】

★泉北タカシマヤ

日時:5月3日(水・祝)11時~、14時~

会場:4F玩具売場

出演:小川大賀 五段、川原楓 五段

https://www.takashimaya.co.jp/senboku/topics/other.html#os8602

★西宮阪急

日時:5月5日(金・祝)11時~、13時半~、15時~)

出演:小川大賀 五段、新谷彩 弐段

 

【関東】

★たまプラーザテラス ステーションコート

日時:5月3日(水・祝)、4日(木・祝)、6日(土) 11時~15時40分

出演:3日&4日 吉村泰 五段、畑中卓 六段

6日 本堂紘介 六段、坂井天翠 五段

 

★上野松坂屋

日時:5月6日(土) 13時~17時

会場:8F屋上(雨天:玩具売場内)

出演:吉村泰 五段

http://www.matsuzakaya.co.jp/ueno/promo/fair_event/fp170425_03/

★京急百貨店

日時:5月7日(日) 11時~、13時~、15時~

会場:5F玩具売場

出演:本堂紘介六段、坂井天翠 五段

http://www.keikyu-depart.com/kqdep/assets/pdf/catalog/digital_catalog/2017_gw_3.pdf

第15回けん玉ペインティングコンテスト募集

このコンテストは、けん玉に全くさわったことがない人・けん玉を楽しんでいる人・けん玉の有段者・昔けん玉が『日月ボール』といわれたころ楽しんだ方など幅広い方が参加できます。
けん玉協会のテーマ”明るく、楽しく、元気よく”にそった生き生きとした元気の良い作品をお待ちしています。

ご案内のチラシのダウンロード
ペインティング応募用紙のダウンロード
公益社団法人日本けん玉協会
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-29-4 祥宏ビル5階
TEL 03-6273-7766

第39回全日本けん玉道選手権大会会場のお知らせ

第39回全日本けん玉道選手権大会の会場が決定いたしましたのでお知らせいたします。

会場:東京・板橋グリーンカレッジホール

日程:平成29年5月28日(日)

大会内容等の詳細につきましては、次号けん玉通信発行後にホームページに掲載いたします。

※次号けん玉通信は、4月上旬発行予定。

協会事務所の営業時間変更のお知らせ

協会事務所の営業時間変更のお知らせ

 

誠に勝手ながら、事務所の営業時間(電話対応、販売対応)を10時~16時とさせていただくことになりました。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

第39回全日本けん玉道選手権大会の変動種目

⑪一回転月面着陸

【持ち方】  玉の持ち方
【技の動作】
一方の手で玉を持ち、他方の手でつり下げたけんを持って手前に引き寄せ構える。けんを放してけんを前に振り出し、玉を手前に動かしてけんを引き空中でけんを手前に5/4回転させ、玉の上に大皿(小皿でもよい)を乗せてけんを静止させる。けん及び体の動きを少なくとも3秒静止させること。
【注意事項】
・構える時、皿胴に糸を引っかけてはならない。
・玉の上に小皿を乗せてけんを静止させてもよい。
・玉の上に大皿(小皿)を乗せた時のけん先の向きは問わない。
・玉と皿の間に糸がはさまった場合は可とする。
・月面着陸を完成させた後、主審の「成功」の合図(挙手)があるまでけん玉と体を静止させておくこと。
・けんが玉を持つ手或いはその他の体・物に触れた場合は失敗とする。
・けんを振り出すために、膝を曲げ伸ばす動きや、体でリズムをとるなどの予備動作を行った時点で技が開始されたと見なす。
・けんを手で持たないで構えている場合、けんを前後に振り始めた時点で、技が開始されたと見なす。
・けんを前に振り出すなど技を開始した後に、再び手でけんを押さえるなど、あきらかに技の一連の流れを止める動作を行った場合は、動作を中断しやり直したと見なす。

⑫聖火点灯
【持ち方】 玉の持ち方
持ち替え後の持ち方   ろうそくの持ち方
【技の動作】
「飛行機」を完成させた後、けんを投げ上げけんを手前に1回転させ玉を投げ上げ、けん先をつかみ玉を中皿に乗せる。
【注意事項】
・けん先が完全に玉の穴に入ること。
・けんを投げ上げるための、膝をまげる、手を上下させる等の予備動作を開始した時点で技が開始されたと見なす。
・技を開始した後に、投げ上げようとしたけんが玉の穴から抜けなかったので、再び投げ上げるなど、あきらかに技の一連の流れを止める動作を行った場合は、動作を中断しやり直したと見なす。
・けん先をつかんだ時、皿胴を持ってはならない。
・玉が中皿に乗った時、玉と皿の間に糸がはさまった場合は可とする。
・技は片手で行うこと(玉を持った手でろうそくの持ち方に持ち替えること)。
・連続技における修正行為の禁止事項を守ること。
・「飛行機」完成までの動作及び注意事項は「飛行機」の項目を参照のこと。