第2回Touch杯けん玉大会のご案内

第2回Touch杯けん玉大会のご案内

・日時:2018年4月15日(日)13:00~

・会場:東京都日野市/多摩平の森ふれあい館

・会費:1人100円

・概要:3人一組の“参加することに意義のある”大会です。大皿ができるレベルの方から参加可能!

・詳細&連絡先:下記HPにて

http://kendama.top/

・主催:Touch

第9回山口県けん玉道選手権大会のご案内

第9回山口県けん玉道選手権大会

主  催 日本けん玉協会山口県支部

共  催 日本けん玉協会山口県支部あじす道場 山口けん玉サークル「ちょるけん」 下松けん玉あそぼう会

後  援 山口市教育委員会(申請中) 阿知須地域交流センター(申請中) 阿知須地域づくり協議会

日  時 平成30年3月18日(日) 10:00~16:00(受付9:30~)

会  場 山口市阿知須地域交流センター   〒754-1277  山口県山口市阿知須2743番地

電話 0836-65-2022(申込先ではありません。)

【会場へのアクセス】

JR阿知須駅より徒歩7分

県道212号線阿知須駅前交差点より北へ300M

※駐車場に限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。

○参加資格 会員、非会員を問わずどなたでもご自由に参加できます。年齢制限はありません。

○参 加 費 成人部(高校生以上)500円 少年部(中学生以下)200円

○申込方法 ハガキ、電話、FAX、メールにて、「住所、氏名、年齢(学年)、段位(または級位)、電話番号(連絡の取れるもの)」を阿知須地域づくり協議会までご連絡ください。

※非会員の段位(または級位)は,学校や学童クラブ、けん玉教室などで実力認定されたもの

【申し込み先】

〒754-1277  山口県山口市阿知須2743番地

TEL/FAX  0836-65-4127(阿知須地域づくり協議会)

MAIL ajdukuri@c-able.ne.jp

 

※申込締切:3月12日(月)必着

大会内容等の詳細はこちら→山口県大会要項

2017年度 日本学生連盟主催大会のご案内

2017年度 日本学生連盟主催大会の案内

 

第29回全日本ユースけん玉選手

第34回全日本学生けん玉選手権大会

第22回全日本空中技けん玉選手権大会

 

日程:2018年3月17日(土) 9時~15時

場所:かながわ労働プラザ 第3会議室

詳細はパンフレット参照

https://drive.google.com/file/d/1JnoA6mwyyDhHyVA2ONF-zth81Lamk0Ac/view?usp=sharing

 

第7期名人戦

 

日程:2018年3月17日(土) 15時~17時

場所:かながわ労働プラザ 第3会議室

詳細はパンフレット参照

https://drive.google.com/file/d/1hn0WGHRzPvaBy_RLX2myBPDa7_bkHiu9/view?usp=sharing

 

 

第33回けん玉全日本新人王決定戦

第21回全日本けん玉学生・社会人対抗戦

第22回全日本フリースタイルけん玉選手権大会

 

日程:2018年3月18日(日) 9時~17時

場所:あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ) 研修室A

詳細はパンフレット参照

https://drive.google.com/file/d/1o69Nz_32FWqDgQqcCXrTw2AlNA110ade/view?usp=sharing

 

第1回あをによし奈良けん玉道選手権大会のご案内

第1回 あをによし奈良 けん玉道選手権大会

〇目的 本大会は、けん玉を通じて集中力、精神力、向上心を養い、青少年の健全な育成と市民の健康に資することを目的とする。

〇主催 日本けん玉協会 奈良県支部

〇後援 日本けん玉協会 関西ブロック

〇協力 奈良県生駒市

〇日時 2018年3月21日(水)-春分の日-

受付 午前9時30分

開会 午前10時

閉会 午後3時

※閉会後、けん玉教室と認定会を実施予定。

〇会場 奈良県生駒市北コミュニティセンターISTAはばたき

〒630-0131 奈良県生駒市上町1543 近鉄けいはんな線「白庭台」駅から徒歩八分

℡ 0743-71-3331

※詳細はこちらをご覧ください。→あおによし奈良大会要綱

第8回和歌山県けん玉道選手権のご案内

 第8回 和歌山県けん玉道選手権大会

今回も前回と同様に初めてけん玉を触る方にも楽しんでもらえるように,ふれあいの時間を設けておりますので,たくさんの参加をお待ちしております。見学も大歓迎です。

<目的> けん玉を通じて,更なる集中力・精神力・向上心を養い,幅広い人とコミュニケーションを深め,けん玉を広く普及することを目的とする。

<主催> 日本けん玉協会和歌山県支部/和歌山北支部教室

<後援> 和歌山市教育委員会

<協賛> 日本けん玉協会/日本けん玉協会関西総支部/Yumu KENDAMA

<日時> 2018年2月12日(月)

ふれあい(体験)10時00分~11時30分

大会受付開始  12時00分~

開会      12時30分

閉会      17時00分(予定)

<会場> 和歌山市河西コミュニティセンター:和歌山市松江北2-20-7

<最寄り駅>南海加太線『中松江』(徒歩2分)

<参加資格> 和歌山県在住または,和歌山北支部所属の方ならどなたでも

<参加費> 300円 ※ふれあいのみの方は100円(いずれも参加賞有り)

<問い合わせ先> 向井智哉(和歌山県支部長):090-3051-4182(19時~21時)

<その他> 駐車場はありますが,数に限りがあります。できる限り公共の交通機関を利用するか,乗り合わせて来ていただけるようご協力よろしくお願いします。

参加の受付は当日でも可能ですが,参加賞準備の都合がありますので,事前申込の御協力をよろしくお願い致します。2月2日(金)参加賞あり事前申し込み締切です。午前中のみ・午後のみの参加も可能です。

事前申込のない場合,数の都合上,参加賞をお渡しできない場合もあります。

申し込みは電話,またはホームページの『問い合わせ』からメールでお願いします。ホームページのURLは裏面に記載しています。

※小学生以下は必ず保護者が引率して下さい。

当日の進行具合によって,閉会時刻が変更になることがあります。昼食は各自摂ってくるか,またはご用意下さい。

<服装>動きやすい服装で,必ず靴を履いて下さい。

スリッパやサンダル等は不可。上靴持参でお願い致します。

詳細はこちらをご覧ください。→和歌山県大会

第16回広島けん玉ジュニアカップのご案内

第16回  広島けん玉ジュニアカップ   

○主  催  日本けん玉協会 広島支部

○開 催 日  2018年 3月10日(土)・11日(日)

○会  場  広島市青少年センター  (広島市中区基町5-61)

○使用けん玉 日本けん玉協会 公認けん玉

○参 加 費  300円   ※ 素敵な参加賞があります。

○表  彰  各部門、1~3位まで

○申 込 み  当日のみ

○問合せ先  下沢  090-5375-1273

詳細はこちらをご覧ください。→パンフ1 パンフ2 案内

第4回日本けん玉協会ジュニア杯争奪戦のご案内

第4回日本けん玉協会ジュニア杯争奪戦

下記の通り開催いたします。

<日時> 平成30年2月11日(日)10:00~15:00(受付9:30~)

<会場> JEC日本研修センター 伊丹(兵庫県伊丹市中央3-1-17 SRビル伊丹6F)

<参加資格> 協会活動会員、非会員の別は問わないが、小学生で大会の諸規程に従う意思のある者。

       協会が認定するけん玉道初段以上の実力のある者。

<参加申込> 平成30年1月1日(月)~1月19日(金)までに参加費の入金をもって参加申込といたします。

郵便局備え付けの青色「払込取扱票」に必要事項をご記入の上、払い込みをお願いします。

口座記号番号 00100-8-64694

加入者名  日本けん玉協会

必要事項・・・大会名・氏名・年令(学年)・段位、電話番号(携帯も)

<参加費>  協会会員 3,000円  非会員4,500円 ※記念けん玉の参加賞付

<使用けん玉>

日本けん玉協会認定競技用けん玉(新富士・TK16マスター・夢元・新さくら・大空などの認定シールが貼られているもの)を使用すること。ご自身で加工・塗装を施したけん玉(別ブランドの玉とけんの組み合わせも不可)は不合格となりますのでご注意ください。推奨シールのけん玉や、シールがはがれているけん玉も不合格となります。

★認定シールが貼られているけん玉は、「大空プレミアム」等、すべて使用を認めます。ただしけん玉検査を行ない

ますので、従来通り新品の形状を維持できていないと判断されれば使用できません。

<競技方法>(予選・決勝ともに同じ種目で競技を行います)

1.予選競技は、次の2段階です。

◇第一段階は、20種目による1種目1回制競技(20点満点)を行い、得点順に順位を決定する。同点の場合は、競技種目後半10種目の得点の高い者を上位とし決勝競技進出者15名を選出する。

(15位が複数の場合は後半10種目(競技種目⑪~⑳)で1種目1回制競技(10点満点)で15位までを確定させる。これでも決まらない場合は同種目でサドンデスを行う)

◇第二段階は、残りの全選手による敗者復活戦。

競技は競技種目20種目より順次抽選される種目を1種目ずつ行うサドンデス制により、5名が決定するまでこれを繰り返し行う。

2.決勝競技は、決勝競技進出者20名により、1種目3回制(競技種目①~⑩)による前半と1種目2回制(競技種目⑪~⑳)の後半に分けて行い、前半・後半を総合した合計得点で順位を競う同点の場合は予選競技の第一段階の順位の高い選手を上位とする。なお、優勝者・準優勝者・三位以外は、同順位を認める。

3.成功1回につき1得点とする。(決勝競技前半:30点満点、決勝競技後半:20点満点)

4.競技種目

①一回転灯台~さか落とし

②すくいけん

③宇宙一周~地球まわし

④うらふりけん~うら地球まわし

⑤フリップとめけん

⑥大皿~フリップ大皿

⑦はねけん

⑧玉つきさし

⑨灯台とんぼ返り

⑩小皿金魚すくい

⑪つるし一回転飛行機

⑫前ふりうぐいす~けん

⑬つるし一回転灯台~けん

⑭一回転飛行機~灯立

⑮ろうそく返し

⑯月面着陸

⑰ろうそく持ちとめけん

⑱すべり止め極意

⑲つるし飛行機~はやて中皿

⑳二回転灯台

 

<服装など>  この大会の服装等は協会の規程により下記のように定められています。

公式戦における競技者の服装、礼儀

(1)公式戦においては、競技者は下記の規則を遵守すること。

(2)審判団は、この規則に反した競技者に対して、指導、注意を与えたり、出場を拒否することができる。

①服装はスポーツに適したものであること。 ②上着の左胸に、日本けん玉協会のマークをつけること。

③けん玉競技にふさわしくない特異な服装はしないこと。④けん玉道精神を遵守し、それに沿った礼儀を守らなければならない。

<具体的には‥>

① 上着

原則として、着用してよいものは、日本けん玉協会が販売しているポロシャツ・Tシャツ・トレーナーまたは、これに準じた服装とします。尚、協会で販売したウェアでも、協会マークがない場合は、別途マークをつけることが必要です。

② ズボン・履き物・予備けん玉

ジーパン、サンダル履きなどは、不可とする。また、素足での競技参加は安全上の理由から許可しません。

必ず体育館用シューズをご持参くさい。また、万一に備えて予備けん玉をお持ちください。

※大会当日の競技に関する質問等は信仰の妨げになる為、お受けできかねます。事前に事務局へお問い合わせください。

第34回日本けん玉協会杯争奪戦のご案内

第34回 日本けん玉協会杯争奪戦

下記の通り開催いたします。

※初めての会場となりますのでご注意ください。

 

<日時> 平成30年1月28日(日)10:00~15:30(受付9:30~)

<会場> 東京・ワテラス(東京都千代田区神田淡路町2-101)

 

<参加資格> 協会活動会員、非会員の別は問わないが、中学生以上で大会の諸規程に従う意思のある者。

       協会が認定するけん玉道初段以上の実力のある者。

<参加申込> 平成30年1月1日(月)~1月19日(金)までに参加費の入金をもって参加申込といたします。郵便局備え付けの青色「払込取扱票」に必要事項をご記入の上払い込みをお願いします。

口座記号番号 00100-8-64694

加入者名  日本けん玉協会

必要事項・・・大会名・氏名・年令(学年)・段位、電話番号(携帯も)

<参加費>  成人部会員(高校生以上) 5,000円 少年部会員(中学生) 3,000円

非会員:高校生以上 7,500円 中学生 4,500円

※記念けん玉の参加賞付

<使用けん玉>

日本けん玉協会認定競技用けん玉(新富士・TK16マスター・夢元・新さくら・大空などの認定シールが貼られているもの)を使用すること。ご自身で加工・塗装を施したけん玉(別ブランドの玉とけんの組み合わせも不可)は不合格となりますのでご注意ください。推奨シールのけん玉や、シールがはがれているけん玉も不合格となります。

★認定シールが貼られているけん玉は、「大空プレミアム」等、すべて使用を認めます。ただしけん玉検査を行ない

ますので、従来通り新品の形状を維持できていないと判断されれば使用できません。

<競技方法>(予選・決勝ともに同じ種目で競技を行います)

1.予選競技は、次の2段階です。

◇第一段階は、20種目による1種目1回制競技(20点満点)を行い、得点順に順位を決定する。同点の場合は、競技種目後半10種目の得点の高い者を上位とし決勝競技進出者15名を選出する。

(15位が複数の場合は後半10種目(競技種目⑪~⑳)で1種目1回制競技(10点満点)で15位までを確定させる。これでも決まらない場合は同種目でサドンデスを行う)

◇第二段階は、残りの全選手による敗者復活戦。

競技は競技種目20種目より順次抽選される種目を1種目ずつ行うサドンデス制により、5名が決定するまでこれを繰り返し行う。

2.決勝競技は、決勝競技進出者20名により、1種目3回制(競技種目①~⑩)による前半と1種目2回制(競技種目⑪~⑳)の後半に分けて行い、前半・後半を総合した合計得点で順位を競う同点の場合は予選競技の第一段階の順位の高い選手を上位とする。なお、優勝者・準優勝者・三位以外は、同順位を認める。

3.成功1回につき1得点とする。(決勝競技前半:30点満点、決勝競技後半:20点満点)

4.競技種目

①すべり止め極意

②宇宙一周~地球まわし

③うらふりけん~うら地球まわし

④さか落とし~はねけん

⑤一回転飛行機~灯立

⑥宇宙遊泳

⑦円月殺法

⑧つるし一回転灯台~とんぼ返り

⑨うぐいすの谷渡り

⑩天地二段

⑪ろうそく持ち~うらふりけん

⑫つるし一回転飛行機~はやて中皿

⑬さるのこしかけ~けん

⑭掛け軸返しとめけん

⑮二回転灯台 ⑯宇宙遊泳返し

⑰胡蝶の舞 ⑱ろうそく返し

⑲月面着陸

⑳大皿~回転おとしけん

<表彰について> 優勝・準優勝・三位表彰の他、年代別に表彰します。(予選を含めトップを表彰、0点は含まず)

(10歳代、20歳代、30歳代、40歳代、50歳代、60歳代、70歳代、80歳代)

 

<服装など>  この大会の服装等は協会の規程により下記のように定められています。

公式戦における競技者の服装、礼儀

(1)公式戦においては、競技者は下記の規則を遵守すること。

(2)審判団は、この規則に反した競技者に対して、指導、注意を与えたり、出場を拒否することができる。

①服装はスポーツに適したものであること。 ②上着の左胸に、日本けん玉協会のマークをつけること。

③けん玉競技にふさわしくない特異な服装はしないこと。④けん玉道精神を遵守し、それに沿った礼儀を守らなければならない。

<具体的には‥>

① 上着

原則として、着用してよいものは、日本けん玉協会が販売しているポロシャツ・Tシャツ・トレーナーまたは、これに準じた服装とします。尚、協会で販売したウェアでも、協会マークがない場合は、別途マークをつけることが必要です。

② ズボン・履き物・予備けん玉

ジーパン、サンダル履きなどは、不可とする。また、素足での競技参加は安全上の理由から許可しません。

必ず体育館用シューズをご持参くさい。また、万一に備えて予備けん玉をお持ちください。

※大会当日の競技に関する質問等は信仰の妨げになる為、お受けできかねます。事前に事務局へお問い合わせください。

第12回全日本マスターズけん玉道選手権大会のご案内

第12回全日本マスターズけん玉道選手権大会

下記の通り行います。ぜひご参加ください。

 

【日時】平成30年1月27日(土)15:45~17:00(受付15:30~)

【会場】東京・板橋グリーンカレッジホール 4Fホール

 

<参加資格>

協会の活動会員、非会員の別は問わないが、大会当日現在、満40歳以上の者で協会が認定する段位で初段以上の実力があるものはAクラス。級相当の実力のあるものはBクラス。80歳以上の方はどちらに参加しても良いとする。

参加選手には年齢ハンデと選手の実力によって競技ハンデが加算されます。

◆年齢ハンデ一覧表

年齢ハンデ 予選A 予選B 決勝A 決勝B
①      40歳~49歳 0P 0P 0P 0P
②      50歳~59歳 2P 1P 1P 0P
③      60歳~69歳 6P 3P 3P 1P
④      70歳以上 8P 4P 4P 2P
⑤      80歳以上 10P 5P 6P 3P
⑥      90歳以上 12P 6P 7P 4P

◆競技ハンデ

40歳から年齢により全日本けん玉道選手権大会、日本けん玉協会杯争奪戦、全日本クラス別Aクラスの優勝経験者はマイナスハンデがあります。(40代・予選-2、決勝-1/50代以降・予選-1、決勝-1)

・前年のマスターズ優勝者は予選-2、決勝-1となります。(優勝後の次の出場大会)

・マスターズで2度優勝した選手は40代の競技ハンデを永久に背負うことになります。

<参加申込> メール、FAX、はがき、電話にて、氏名、年令、段位(参加クラス)、電話番号(携帯も)を1月19日(金)までに協会事務局までお申し込み下さい。(当日参加も可能です)

<参加費> 協会会員・3,000円 非会員・4,500円 ※記念けん玉の参加賞付

<使用けん玉>

日本けん玉協会認定競技用けん玉(旧認定けん玉で認定シールの貼ってあるものであれば使用可。富士、さくら、F16など、認定競技用けん玉であれば当時使っていた懐かしのけん玉でも可)ただし1試合につき使用できるけん玉は1本に限る。(万一に備えて予備けん玉はお持ちください。)

 

<大会選技>

Aクラス Bクラス
①        世界一周 ⑥ うぐいす ⑥     前ふり小皿 ⑦     ふりけん
②      けん先すべり ⑦ 一回転飛行機 ② 中皿 ⑦     日本一周
②        地球まわし ⑧ つるしとめけん ③ ろうそく ⑧     村一周
③        うらふりけん ⑨ はねけん ④      とめけん ⑨     灯台
⑤        さか落とし ①     一回転灯台 ⑤ 飛行機 ⑩ もしかめ10回連続

<競技方法>

予選・決勝ともに得点制である。

①予選競技は、定められた10種目を各2回ずつ行い(20点満点)得点の高い選手から上位8名を予選通過とする(同点の場合は年齢の上の者が上位となる。更に同年齢の場合、生年月日が先の者が上位となる。)合計ポイントに年齢ハンデと競技ハンデを加算する。

②決勝トーナメントは定められた10種目をお互いに各1回ずつ行い(10点満点)得点の高い選手を勝ちとする。(同点の場合は年齢の上の者が上位となる。更に同年齢の場合、生年月日が先の者が上位となる。)合計ポイントに年齢ハンデと競技ハンデを加算する。

③決勝トーナメントの試技を行っているとき、途中で勝敗が決まってしまっていても10種目すべて行う。

④3位決定戦は行わず、準決勝で敗退した2名の選手のうち、年齢の高い選手が3位となる。

<審判>40歳未満のライセンス取得者に審判のご協力をお願いします。

第9回日本けん玉協会チーム戦のご案内

第9回日本けん玉協会チーム戦

下記の通り行います。競技内容等変更がございますのでご確認ください。

 

【日時】平成30年1月27日(土) 13:00~15:30(受付12:30~)

【会場】東京・板橋グリーンカレッジホール 4Fホール

 

<参加資格>

協会の活動会員、非会員の別は問わない。実力により選手はSA~Eクラスに別れる。

3人一組のチーム競技。なお、全日本SAクラス選手(※)は段位にかかわらずSAクラスとする。

70歳以上の方は1クラス、80歳以上は2クラスまでクラスを下げて出場してもよい。

各自の技量・実力によって自分が持っている級・段位以上のクラスで挑戦してもよい。

※過去3年間のJKA杯、JKAジュニア杯、全日本の予選通過者(敗者復活も含む。全日本のシード選手も含む。ただし日本PRTによるシードは除く。)文部科学大臣杯の男女それぞれベスト4。

 

  • チーム参加の条件・・・・チーム3人の合計ポイントが9ポイント以上であること。なお、各クラスの参加ポイントは以下の通りである。

SAクラス(全日本選手)・・・・6ポイント

Aクラス(五段以上)・・・・・5ポイント

Bクラス(四段・三段)・・・・4ポイント

Cクラス(二段・初段)・・・・3ポイント

Dクラス(準初段~3級)・・・2ポイント

Eクラス(4級~10級)・・・・1ポイント

 

<参加申込> メール、FAX、はがきにて、チーム名、メンバーの氏名・段位(クラス)・出身地区名・年齢(学年)を明記の上、1月19日(金)までに協会事務局までお申し込みください。

※当日、一人でも参加できます。その場合、当日会場でチームを組んでいただきます。

<参加費> 1チーム 1,500円(会員、非会員問わず)※当日お支払いください。

<使用けん玉>

日本けん玉協会認定競技用けん玉(新富士・TK16master・夢元・新さくら・大空などの認定シールが貼られているもの。

けん玉検査は行いません。★認定シールが貼られているけん玉は、「大空プレミアム」等、すべて使用を認めます。

<大会選技>

SAクラス Aクラス (五段以上) Bクラス(三段・四段)
①          宇宙一周~地球まわし ①      宇宙一周 ②      けん先すべり
③          ろうそく持ちうらふりけん ④      うらふりけん ②      ヨーロッパ一周
⑤          うぐいす~回転落としけん ⑥      うぐいす~けん ③      さか落とし
⑦          一回転灯台~さか落とし ⑧      一回転灯台~さか落とし ④      うらふりけん
⑨          さか落とし~はねけん ⑤  さか落とし~はねけん ⑤      うぐいす
⑩          つるし一回転灯台~ろうそく ⑪      つるし一回転灯台 ⑥      地球まわし
⑫          一回転飛行機~灯立 ⑬      一回転飛行機~灯立 ⑦      つるしとめけん
⑭          けん先おもてうらすべり ⑧       けん先おもてうらすべり ⑨      はねけん
⑮          地球まわし~うら地球まわし ⑯      地球まわし~うら地球まわし ⑩      中皿~ろうそく
⑰          灯台とんぼ返り~すくいけん ⑱      灯台とんぼ返り ⑪      一回転飛行機
Cクラス(初段・二段) Dクラス(3級~準初段) Eクラス(10級~4級)
①      とめけん~県一周 ②      前ふりろうそく ③      小皿
④      飛行機 ⑤      とめけん ②   中皿
⑥      ふりけん ⑦      飛行機 ③   ろうそく
⑧      灯台 ⑨      ふりけん ④  とめけん
⑩      世界一周 ⑪      日本一周 ⑤  前ふり大皿
⑫      けん先すべり ⑬      世界一周 ⑥  前ふり中皿
⑭      うぐいす ⑮      手のせけん~中皿 ⑦  前ふりろうそく
⑯      つるしとめけん ⑰      手のせけん先すべり ⑧  大皿~中皿~大皿
⑱      うらふりけん ⑲      手のせうぐいす~けん ⑨  手のせけん~大皿
⑳         地球まわし ⑩  空中ブランコ ⑫       手のせ大皿~けん

 

◆今回よりクラス決めの予備予選を行います。詳細はこちらをご覧ください。→予備予選

<予選競技方法>

①予選競技は、定められた10種目の中から審判長のくじ引きで決定された種目を順に三人で同時に行う。技は2回行うことができるが、2回目は1回目を失敗の選手のみ行う。

②予選得点用紙に○×をつけ、合計得点を出す。(1回目と2回目の成功ではポイントPが異なる。)

③各種目のポイントは、1回目10P(5・3・2)、2回目7P(4・2・1)全て1回目の成功の場合 合計100Pとなる。

④予選通過は予選の獲得ポイント上位10チーム、敗者復活戦で勝ち残った2チームが決勝トーナメント進出とする。

予選競技では同点の場合、3人の選手でじゃんけんを行い、勝った選手が多いチームを上位にする。

<敗者復活戦競技方法>

審判長がくじ引きで選んだ種目を3人同時に行う。全員失敗のチームから敗退していき、1人成功のチーム、2人成功のチーム、3人成功のチームと順に成功した人数の多いチームを残していく勝ち抜き戦を行い、最終的に残った2チームが決勝進出となる。途中の段階で、2チームが決まってしまった場合、その時点で終了とする。

<決勝トーナメント競技方法>

①決勝戦は、予選競技の順位に従ってあらかじめ決められたトーナメント表に予選通過のチームを配置する。

②チームは選技を行う順番、一番手、二番手、三番手(先鋒、中堅、大将)を決める。

③一番手からお互いに一回ずつ選技を行い、引いた種目をお互いに一回ずつ行う。一度引いた種目は二番手以降の試合には使用できない。0対0/1対1は「引き分け」とする。次に二番手も同じように行い、二番手で勝敗がついても、三番手までお互いに対戦を行う。

④3選手の試技終了後引き分けの場合、主審がくじ引きで種目を選び、チーム3選手同時に引いた種目を行い、成功した選手の数によって勝敗を決める。

決勝トーナメントのサドンデスは3回まで

決勝トーナメントでは、先鋒・中堅・大将の試合でチームの勝敗が決しない場合、前回大会までは勝敗が決するまでサドンデスを行ってきました。

今大会からは

  • まずはサドンデスを行います(過去の大会通り)。サドンデスで勝敗が決すればそこで終了です。
  • サドンデスは3回まで行います。
  • サドンデス3回までで勝敗が決しない場合、代表戦を行います。
  • チームで1人代表選手を決めます。代表者同士のタイム競技を行います。
  • タイム競技は「ふりけん3回」です。3回連続で成功させる必要はありません。

⑤三位決定戦を行います。

※チーム全員が同一都道府県のチームを対象に、都道府県対抗順位を出します。