第30回日本けん玉協会杯争奪戦 結果報告

第30回日本けん玉協会杯争奪戦 結果報告(決勝進出者のみ)

日時:平成26年1月26日(日)

会場:東京・板橋グリーンカレッジホールにて

出場選手:47名

 

優 勝 大野さくら 五段(兵庫)50P ※初優勝

準優勝 大野  匠 五段(兵庫)49P

3 位 八尾 雪瑛 四段(兵庫)49P

第30回JKA杯結果

 

PDFファイル→第30回JKA杯結果

 

第7回全日本マスターズけん玉選手権大会及び第5回全日本けん玉道チームチャンピオンシップ結果

第7回全日本マスターズけん玉選手権大会結果

開催日:平成26年1月25日(土)

会 場:東京・板橋区グリーンカレッジホール

出場選手:31名

ipp

 

 

 

 

 

 

Aクラス

優 勝  大谷 幸司 五段 73歳(埼玉)

準優勝  崎  義明 五段 61歳(奈良)

第3位  松永 義希 九段 61歳(東京)

 

☆各年代別表彰

80歳代1位 戸張 静夫 十段 84歳(埼玉)

70歳代1位 大谷 幸司 五段 73歳(埼玉)

60歳代1位 下河原 伸 四段 61歳(東京)

50歳代1位 西川 政典 八段 53歳(岡山)

40歳代1位 山田 和弘 弐段 41歳(大阪)

ipp

 

 

 

(参加選手)

ipp

 

 

 

 

(予選会の様子)

 

Bクラス

優 勝  山本 友子 準初段 55歳(東京)

準優勝  矢川  功 弐段  84歳(東京)

第3位  木村 圭助 弐段  92歳(東京)

 

☆各年代別表彰

90歳代1位 木村 圭助 弐段 92歳(東京)

80歳代1位 矢川  功 弐段 84歳(東京)

70歳代1位 北口  實 準初段 75歳(埼玉)

50歳代1位 山本 友子 準初段 55歳(東京)

ipp

 

 

 

 

(決勝トーナメント進出選手)

 

 

第5回全日本けん玉道チームチャンピオンシップ結果

開催日:平成26年1月25日(土)

会 場:東京・板橋区グリーンカレッジホール

 

優 勝 3びきのちっちゃいおっさん(兵庫県)

準優勝 ポニーテール(兵庫県)

第3位 ミラクル☆ナンバー1(兵庫県)

第4位 YKA(兵庫県)

第30回日本けん玉協会杯争奪戦結果

第30回日本けん玉協会争奪戦 結果

開催日:平成26年1月26日(日)

会 場:東京・板橋区グリーンカレッジホール

出場選手:47名

優勝 大野さくら 五段(兵庫県)中学

準優勝 大野 匠 五段(兵庫県)小学

第3位 八尾 雪瑛 四段(兵庫県)小学

第30回JKA杯結果

 

 

 

 

 

PDFファイル→第30回JKA杯結果

2013年<全日本けん玉道もしかめ選手権大会>結果報告

総合及び各クラス別の成績

<総合優勝>大川英一郎 六段(静岡県・一般)

       8時間達成(推定回数92,000回)

<2013年 全日本けん玉道もしかめ選手権大会成績>

◆幼児の部     

優勝    桒田智絵  (広島・4歳) 1,896回       

準優勝   福原琉海奈 (広島・6歳) 1,644回

第3位     大川大和  (静岡・4歳)  1,382回

 

◆小学生低学年の部 

優勝     山口美月  (兵庫・3年生)  52分13秒

準優勝  業合俊太  (岡山・3年生) 40分52秒 

第3位    井上 凛   (岡山・3年生)  35分58秒

 

◆小学生高学年の部 

優勝      山木清伽   (福島・4年生) 4時間00分00秒(37,000回)

優勝   田村倫奈   (兵庫・6年生) 4時間00分00秒(35,000回)

優勝   石部愛望   (兵庫・6年生) 4時間00分00秒(34,000回)

優勝   諏訪光紀   (岡山・6年生) 4時間00分00秒(33,000回)

第5位      巖 力駆   (大阪・5年生) 3時間22分12秒(29,000 回)

第6位  安原菜生   (岡山・5年生) 2時間46分17秒 (23,000回)

 

◆一般の部 (中学生以上39歳)     

優勝        大川英一郎  (静岡・36歳)  8時間00分00秒(92,000回)

準優勝   濱崎晶健   (広島・21歳)  8時間00分00秒(76,000回)

第3位    向井智哉 (和歌山・27歳) 7時間45分30秒

 

◆一般の部 (40歳~59歳)     

優勝        山木弘行    (福島・46歳) 4時間46分38秒

準優勝    越智恵子    (広島・49歳) 2時間01分44秒

第3位    西川政典    (岡山・53歳) 1時間00分28秒

 

◆シニアの部(60歳以上)    

優勝        砂原宏幸   (広島・60歳) 4時間00分00秒(45,000回)

準優勝      小田部茂   (茨城・78歳)     10分16秒

第3位    小松田實     (静岡・84歳)     9分00秒

 

<全国ベスト10表彰者>

1位 大川英一郎(静岡・36歳) 8時間00分00秒(92,000回)

2位 濱崎晶健 (広島・21歳) 8時間00分00秒(76,000回)

3位 向井智哉(和歌山・27歳) 7時間45分30秒 

4位    西川一穂(岡山・24歳)7時間22分02秒

5位   田村尚也(岡山・17歳)7時間04分27秒

6位   渡辺優太 (東京・23歳) 6時間38分48秒

7位   荒木洋平(広島・23歳)6時間27分30秒

8位   真鍋克弘(岡山・14歳)6時間00分51秒

9位   久保田悟(広島・16歳)5時間11分59秒 

10位 山木弘行(福島・46歳)4時間46分38秒

 

<最高時間達成者 協会賞>(盾の授与者)

◆小学生高学年の部 

優勝     山木清伽 (福島・4年生) 4時間00分00秒(37,000回)

優勝  田村倫奈 (兵庫・6年生) 4時間00分00秒(35,000回)

優勝  石部愛望 (兵庫・6年生) 4時間00分00秒(34,000回)

優勝  諏訪光紀 (岡山・6年生) 4時間00分00秒(33,000回)

 

◆一般の部(中学生以上39歳)    

優勝     大川英一郎(静岡・36歳)  8時間00分00秒(92,000回)

準優勝   濱崎晶健 (広島・21歳)  8時間00分00秒(76,000回)

           

◆シニアの部    

優勝     砂原宏幸 (広島・60歳) 4時間00分00秒(45,000回)

 

◆各部門別の入賞者及び総合優勝者には賞状を差し上げます。

◆全国各地の大会主催関係者の皆様方大変お世話になりました。厚く御礼申し上げます。

平成25年度日本学生けん玉連盟主催 大会報告

平成25年12月22日(日)に日本学生けん玉連盟主催大会(後援 日本けん玉協会)が大阪府大阪市・市民交流センターにしなりで開催されました。 参加選手は全国各地より3大会でのべ37名。

1477911_629507267086905_358710827_n

全日本学生けん玉選手権は第30回大会を迎え、今年度の第30代チャンピオンは坂本顕大選手(青山学院大学)が2連覇を達成しました。

全日本ユース選手権は第25回を数え、今年度の第25代チャンピオンは兵庫県の室谷直希選手が総合優勝を飾り、初優勝しました。予選満点、決勝トーナメントでもノーミスと完全優勝でした。

全日本空中技選手権では、種目提示戦が最大の見物で、今年も各選手のオリジナル技に拍手と歓声の連続で盛り上がりました。 決勝戦は、上位入賞の常連選手同士の対決となり、室谷直希選手と向井智哉選手が対戦。

6本すべて行い3-1で向井選手が勝利し、初優勝しました。

次回の学連タイトル戦は3月に開催予定です。

■第30回全日本学生けん玉選手権大会■
順位 選手名 所属
優勝 坂本 顕大 青山学院大学
準優勝 中村 有美 神戸薬科大学
第3位 後藤 和希 立命館大学
第3位 田嶋   朗 帝京大学
敢闘賞 笹原 宇修 東京理科大学

 ipp

■第25回全日本ユースけん玉選手権大会■
順位 選手名 所属(地域)
優勝 室谷 直希 兵庫県
準優勝 大野さくら 兵庫県
第3位 秋元 悟 東京都
第3位 小川 大賀 大阪府・北大阪支部

 

■第25回全日本ユースけん玉選手権大会 (部門別優勝者)■
部門 選手名 所属(地域)
中学の部 大野さくら 兵庫県
高校の部 南 亮輔 兵庫県・姫路支部
学生の部 坂本顕大 青山学院大学
社会人の部 向井智哉 和歌山市立宮前小教

ipp ipp

 

■第18回全日本空中技けん玉選手権大会■
順位 氏名 所属(地域)
優勝 向井 智哉 和歌山市立宮前小教
準優勝 室谷 直希 兵庫県
第3位 小川 大賀 大阪府・北大阪支部
第3位 坂本 顕大 青山学院大学
最優秀種目提示賞 嶋寺 克彰  技名:円月殺法なるとふりけん
ipp ipp

第11回けん玉ペインティングコンテスト表彰作品紹介

第11回 けん玉ペインティングコンテスト結果報告

(文部科学省後援 一般社団法人日本けん玉協会主催)

氏  名
文部科学大臣賞 永本紗奈子(中学生)神奈川県
日本けん玉協会賞 河田みのり(小学生)東京都
審査員長賞 五十嵐太成(小学生)山形県

平成25年8月25日(日)に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場において

文部科学省後援 第11回けん玉ペインティングコンテストの表彰式か行われました。

今年も4300通をこえる第一次応募の中から200点に絞られた第二次審査から20点が

入賞作品として選ばれました。

今年も幼児から高齢者まで、大変素晴らしい、甲乙つけがたい作品の中より、

真田日呂史審査委員長(武蔵野美術大学名誉教授)をはじめとする審査員の

先生方の慎重な審査により入賞作品を選定していただきました。

94290-1

入選作品発表2

 

 

第9回全日本けん玉道パフォーマンス大会 結果報告

第9回全日本けん玉道パフォーマンス大会 結果

<日 時> 平成25年10月13日(日)

<会 場> 長崎県立総合体育館(かぶとがにアリーナ)にて

<出場者> 個人7名 団体1名

選手名 地区 タイトル
グランプリ 久保田 悟 広島県 “Plus α”
準グランプリ 小川 大賀 大阪府 First Period
特別賞 向井 智哉 和歌山県 真・極光
特別賞 坂口 弘雅 長崎県

グランプリ 久保田 悟 Plus α

第11回全日本クラス別けん玉道選手権大会結果報告

DVC00759.JPG DVC00762.JPG

第11回全日本クラス別けん玉道選手権大会  大会結果報告

大会実施日:平成25年10月13日(日)

会場:長崎県長崎市・長崎県立総合体育館 アリーナかぶとがに にて

 

主催:一般社団法人日本けん玉協会

主管:日本けん玉協会長崎支部

共催:長崎県 長崎がんばらんば国体長崎市実行委員会

後援:長崎市 長崎市教育委員会

協賛:(公財)十八銀行社会開発振興基金 (公財)松園尚巳記念財団 (財)長崎バス観光開発振興基金

 

(各クラス第3位までの成績一覧)

クラス

優 勝

準優勝

第 3 位

大野さくら(兵庫県) 田村 倫奈(兵庫県) 室谷 直希(兵庫県)

新居 和夏(兵庫県) 西本 瑞紀(長崎県) 屋嘉比るみな(兵庫県)

山口 美月(兵庫県) 白石 藍子(兵庫県) 岸川 柚希(兵庫県)

尾畠 琴真(兵庫県) 向井 瞳子(兵庫県) 厳 瑠友(大阪府)

村上 拓真(兵庫県) 田崎 詩織(長崎県) 伊藤 海斗(長崎県)

松尾 拓海(長崎県) 山本 悠成(長崎県) 井上 沙良(長崎県)

地元九州地区を中心に全国各地から130名を越える選手が参加しました。

今回は、来年開催されます長崎がんばらんば国体の開催を記念したプレマッチとして、

開催されました。

 

第25回全日本少年少女けん玉道選手権大会<決勝大会>結果速報

 

文部科学省後援、一般社団法人日本けん玉協会主催

第25回全日本少年少女けん玉道選手権大会<決勝大会>結果報告(速報)

日時:平成25年8月25日(日)

会場:池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催

 

男子の部

優勝  大野  匠 選手(北・関西地区代表)※2連覇

準優勝 山田 純也 選手(南・関西地区代表)

第3位 平山 優太 選手(東・九州地区代表)

第4位 持田 悠史 選手(東海地区代表)

タイム競技の部 永田 一樹 選手(西・関東地区代表)

 

女子の部

優勝  鏡堂 野乃夏 選手(北・関西地区代表)

準優勝 嶋田   爽 選手(南・関西地区代表)

第3位 中村  伶那 選手(四国地区)

第4位 古谷  麻帆 選手(東・中国地区)

タイム競技の部 山木 清伽 選手(東・東北地区代表)

 

※「資料室」内の「公式大会記録集」→「栄光の記録」→「現タイトル保持者」を更新しました

第11回けん玉ペインティングコンテスト表彰式(文部科学省後援)

DVC00618

第11回けん玉ペインティングコンテスト表彰式が

本日(8月25日)開催されました。

今年も文部科学省の後援を頂き、授与いたしました。

 

本協会長の丸石照機の挨拶の後、

来賓挨拶として、第1回大会よりご協賛を頂いております、

一般財団法人日本友愛協会理事長の鳩山由紀夫様よりご挨拶を頂きました。

また、表彰式後に審査員を代表して、審査員長である武蔵野美術大学名誉教授の

真田日呂史先生よりコンテストの講評を頂きました。

 

今年は4600通を越える応募の中から20点の入選作品が選ばれました。

入選作品は後ほど掲載いたします。

多くの方々にご参加、ご支援を頂きありがとうございました。

感謝申し上げます。

 

けん玉ペインティングコンテスト委員会