優勝トロフィを手にする川原楓 五段

 2010年10月10日(日)、長野県上田市上田創造館で開催した「第8回全日本クラス別けん玉道選手権大会」。今回は北から福島、新潟、千葉、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、和歌山、兵庫、広島、そして地元長野から165名という多数の参加の中で行われました。その中でも今年も兵庫・伊丹の選手たちの活躍が光りました。

Aクラス(五段以上・29名)決勝は、8月に行われた文部科学大臣杯女子の部優勝の川原楓選手(五段・6年・兵庫県)対男子の部準優勝の小野鷹亮選手(五段・5年・静岡県)の対戦。両者3選技オール成功で、4選技目「はねけん」2回目で小野選手が痛恨の失敗で、この大会中すべての技を成功させた川原選手が優勝し、二冠に輝きました。三位は決定戦で同門対決の結果久保田悟選手(五段・中学生・広島県)でした。

 Bクラス(参段・四段・30名)優勝は小川大賀選手(参段・小学生・大阪府)、準優勝は岡本ひかり選手(四段・小学生・兵庫県)、三位は大野さくら選手(四段・小学生・兵庫県)でした。

 Cクラス(初段・弐段・37名)優勝は大野匠選手(初段・小学生・兵庫県)、準優勝は土屋優奈選手(弐段・小学生・兵庫県)、三位は鏡堂野乃夏選手(弐段・小学生・兵庫県)でした。

 Dクラス(5級~準初段・41名)優勝は土屋実優選手(1級・小学生・兵庫県)、準優勝は岸川睦季選手(1級・小学生・兵庫県)、三位は石部愛望選手(1級・小学生・兵庫県)でした。

 Eクラス(10級~6級・28名)優勝は酒井七星選手(6級・小学生・兵庫県)、準優勝は村上真優選手(6級・小学生・兵庫県)、三位は平瀬クリストファー選手(6級・小学生・長野県)でした。

 今年の大会は、三石利明 北陸・甲信越総支部長をはじめとする総支部の皆様方の万全なる準備と当日の運営に大きな力をいただきました。会場の上田創造館の職員の方々にも大変お世話になりました。おかげさまで滞りなく無事に終了することができました。ありがとうございました。

(左)久保田選手8(中央)川原選手(右)小野選手各クラスの優勝者とパフォーマンス優勝者

 (各クラス三位までの成績一覧)

クラス

優 勝

準優勝

三 位

川原  楓(兵庫)

小野 鷹亮(静岡)

久保田 悟(広島)

小川 大賀(大阪)

岡本ひかり(兵庫)

大野さくら(兵庫)

大野  匠(兵庫)

土屋 優奈(兵庫)

鏡堂野乃夏(兵庫)

土屋 実優(兵庫)

岸川 睦季(兵庫)

石部 愛望(兵庫)

酒井 七星(兵庫)

村上 真優(兵庫)

平瀬クリストファー(長野)